硝化抑制剤とは

硝化抑制剤は硝酸アンモニウム(NCT)へのアンモニア態窒素の生物学的変換過程を抑制することができる一種の化学物質である。硝化抑制剤は、土壌中の硝酸態窒素の形成と蓄積を減らし、それによって硝酸態窒素の形での窒素肥料の損失と生態環境への影響を減らすことができます。いくつかの研究結果は、硝化抑制剤が窒素浸出損失と温室効果ガス(窒素酸化物)排出を減らすことができて、そして特定の条件下で肥料効率を改善することができることを示します。しかしながら、硝化抑制剤は、プロセス、コストおよび硝化抑制剤の環境への影響などの要因のために広く使用されていない。環境を汚染することなく硝化を抑制するのに良好な効果を有するいくつかの硝化抑制剤を見出すことが必要である。

硝化抑制剤は、土壌中の硝化細菌の活性を選択的に抑制することができ、したがって、土壌中のアンモニウム窒素の硝酸態窒素への変換の反応速度を妨げる。アンモニウム窒素は土壌コロイドによって吸収される可能性があり、それを失うことは容易ではありません。しかしながら、土壌浸透性の条件下では、微生物の作用によりアンモニウム態窒素を硝酸態窒素に変換することができる。このプロセスは硝化と呼ばれます。反応速度は土壌水分と温度に依存します。温度が10℃未満ではニトロ化反応が遅くなる。温度が20℃を超えると、反応は速やかに進行する。灌漑条件下でアンモニウム窒素を直接吸収できる米などの一部の作物に加えて、ほとんどの作物は硝酸態窒素を吸収できます。しかし、硝酸態窒素は土壌中で失われやすい。硝化反応速度を制御するための硝化抑制剤の合理的な使用は窒素の損失を減らし窒素肥料の利用率を改善することができる。硝化抑制剤は通常窒素肥料と混合した後に適用されます。
硝化抑制剤
窒素肥料の損失を減らし、窒素肥料の利用率を上げることによって収量を増やすことに加えて、硝化抑制剤は作物中の亜硝酸塩の含有量を減らし、作物の品質を改善し、土壌、地下水および環境の汚染を減らすことができます。肥料の量が多すぎます。

しかしながら、場合によっては、作物の収量増加に対する硝化抑制剤の効果は安定していない。

硝化抑制剤には主に3つのタイプがあります:CP、DCDと DMPP。 I. 2−クロロ−6−(トリクロロメチル)ピリジン(ニトロピリジンとしても知られる)、コード(CP)。米国のDow Companyの製品は以下のとおりです。常州Runfengの化学商標は次のとおりです。Banlong。ジシアンジアミド(コード:DCD); 3。 3.3,4−ジメチルピラゾールホスフェート(コード:DMPP)、ドイツのBASF社製。 3つの主流の硝化抑制剤に加えて、アミジンチオ尿素(ASU)、2−メチル−4,6−ビス(トリクロロトルエン)トリアジン(MDCT)、2−スルファチアゾール(ST)などもある。

  • 例:硝化抑制剤
  • 含有量%≥99.5
  • 湿度%≤0.30
  • 灰分%≤0.05
  • 融点:209℃ - 209℃
  • カルシウム含有量(ppm)≦350
  • 特性:ホワイトクリスタル。相対密度:1.40。融点:202〜212℃。それは水とエタノールに溶け、エーテルとベンゼンにはわずかに溶けます。乾燥していると安定していて不燃性です。
  • 実用性:硝化抑制剤として使用するための肥料に添加されています。

一般的な硝化抑制剤には次のものがあります。

  • 商品名:N-サーブ。 2-塩素-6-(トリクロロメチル)ピリジンの硝化抑制剤です。土壌に0.5〜10ppmの最小濃度が適用されたときの有効期間は6週間です。
  • アジ化カリウム(2%〜6%の硝酸カリウムを含有する)は、無水アンモニア中で適用することができる。
  • AMという日本製品の硝化抑制剤は、2-アミノ-4-クロロ-9-メチルピリジンです。日本では、他の硝化抑制剤(スルファチアゾール、ジシアンジアミド、チオ尿素-N-2、5-ジクロロベンジジン、4-アミノ-1,2,3-トリアゾール、アミジンチオ尿素など)も化合物肥料に使用されています。

効果に関する研究

窒素肥料の低い利用率と短い肥料効果期間などの問題をより良く解決するために、国内外でのいくつかの硝化抑制剤の適用に関する農業効果が深く研究されている。そして一群の硝化抑制剤を選択することを期待した。それは窒素肥料効果を改善し、作物収量を増加させ、作業と肥料を節約し、NO_3の溶出汚染を減らすために中国北東部の気候と土壌条件に適している。この実験はATC、Dwell、MPCおよびDCDの単一因子効果の異なる投与量と土壌尿素窒素の硝化硝化抑制効果の効果とその効果を研究するためにネットワークカルテート、ポット実験およびフィールドプロット試験を採用した。トウモロコシ、米、その他の主要な経済的形質の主要作物生産量の北。