新しい硝化抑制剤としての3,4‐ジメチルピラゾールホスフェート/ DMPP

新しい硝化抑制剤としての3,4‐ジメチルピラゾールホスフェートDMPP

クイック詳細


分類:化学助剤
CAS番号:202842-98-6
他の名前:3,4-ジメチルピラゾールホスフェート
MF:C 5 H 11 N 2 O 4 P
EINECS番号:Null
純度:98%以上。
タイプ:吸着剤
吸着剤の種類:シリカゲル
使用法:硝化抑制剤、硝化抑制剤
モデル番号:DMPP 98%
含有量(%):98.0分。
製品名:3,4-ジメチルピラゾールホスフェート
他の名前:DMPP
キー:阻害剤DMPP

ハイライト


•砂壌土を通常および10倍高い用量でDMPPに暴露した。
•非標的土壌機能および総微生物バイオマスはDMPPの影響を受けませんでした。
•リン脂質脂肪酸組成のわずかな傾向は有意ではありませんでした。
•潜在的なアンモニア酸化の抑制はDMPPの投与量とは無関係であった。
•DMPPは細胞特異的硝化率を低下させたが、おそらく集団は低下させなかった。

抽象


硝化抑制剤3,4-ジメチルピラゾールホスフェート(DMPP)は、硝酸の浸出を減らし、肥料の窒素利用効率を改善するために農業で広く使われていますが、目的としない土壌機能や微生物への影響を調べた研究はほとんどありません。アンモニア酸化50%の水で満たされた細孔空間の砂質壌土草原土壌において、0(対照)、1(通常用量、RD)、または10(高用量、HD)kg ha -1に相当するDMPP補正の効果を調べた。 1、7または14日間インキュベートした後、フルオレセインジアセテート加水分解、デヒドロゲナーゼ活性、リン脂質脂肪酸組成および潜在的なアンモニア酸化について土壌を分析した。 DMPPは有意な非標的効果を示さなかった(p> 0.05)が、HDにおけるストレス応答の可能性はリン脂質組成の因子分析によって示された。潜在的なアンモニア酸化に対する強いDMPP阻害があり、これは14日後にHDにおいてなお有意であった(p <0.05)。 DMPPに加えて50mgのNH 4 + -N kg -1乾燥土壌を受けた別々の処理では、硝酸塩蓄積の抑制は約75%でRDとHDで同様であった。アンモニア酸化細菌(AOB)と古細菌(AOA)からの遺伝子amoAの存在量を定量化し、細胞特異的硝化率を推定した。 AMPおよび/またはAOBの細胞特異的活性はDMPPの存在下では減少したが、AMPおよび/またはAOBの細胞特異的活性は減少したが、AOAおよびAOBの存在量はDMPP処理に関係なくインキュベーションの終わりに向かって増加する一般的傾向があった。全体として、この研究は、DMPPがアンモニア酸化剤集団、ならびに非標的土壌微生物または機能に影響を与えることなく硝化活性を効果的に阻害することを示した。